箱根登山鉄道風のレイアウト製作日記です
by tanaka_ace
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
more...
リンク
カテゴリ
全体
レイアウト製作
出山鉄橋モジュール
車両製作
鉄道模型車両
鉄道模型動画
鉄道模型全般
模型店探訪
旅行
雑記
本日の作業
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
出山の鉄橋[立体交差]の製作1
立体交差部分の実際に線路がのるガーダー橋を作ります。

f0139576_2393930.jpg

f0139576_2395531.jpg
GMの鉄橋の余剰パーツを流用しようとか
色々考えたのですが、結局プラ材で自作しました。

実物にも異物落下防止?のための網があるので
それを再現するために高価なエッチングメッシュを奢りました。
[PR]
by tanaka_ace | 2011-02-23 23:10 | 出山鉄橋モジュール
出山の鉄橋の橋台の製作
立体交差の製作の合間に出山の鉄橋の橋台を作りました。
サクッと完成の予定だったのですが意外と手こずってしまいました。

f0139576_21355521.jpg
当初は上の写真のようにプラ板で基礎を作り
紙粘土を充填して乾燥させたあと
石積みのモールドを彫刻するつもりでした。
井桁状にプラ片を貼ってあるのは紙粘土の剥離防止のためです。

が、なんとなく予想はしていたのですが、この工法が大失敗。
プラと紙粘土の異種素材の部分が剥離してくるし
彫刻もこの部分の堅さが違うので思うようにいきません。

このまま続行しても泥沼に嵌まりそうなので工法変更です。



f0139576_21361086.jpg
プラと紙粘土の異種素材の繋ぎ目を
黒い瞬着で目止めしたあとシリコンで型取りします。



f0139576_21362573.jpg
シリコン型にポリパテを流し込んでブロックに置き換えました。
ポリパテには流し込み易くするためにシンナーを混ぜました。
こうすると硬化後も多少柔らかく彫刻し易いようです。



f0139576_21364022.jpg
Pカッターで石積みのモールドを彫刻しました。



f0139576_21365782.jpg
彫刻したものを更に型取りしてレジンで複製しました。



f0139576_21371152.jpg
左が原型、右が複製品です。
かなり気泡が混入してしまったので
サフ吹きしながら溶きパテで修正していきます。



f0139576_21372359.jpg
気泡修正後に仕上げのサフ吹きをして完成です。
[PR]
by tanaka_ace | 2011-02-20 21:38 | 出山鉄橋モジュール
国道との立体交差部分の測量データ
現在製作中のモジュールには主な建造物が三つあります。
そのうちの二つ、鉄橋と吊り橋の製作が終わりましたので
残る一つ、国道1号と線路が立体交差する部分を作っていきます。

まず図面を引くのですが、この段階でいつも苦労する事があります。
製作する対象物の全体の大きさを把握するのが意外と大変なんです。

今までは工作用紙でモックアップを作って微調整をしてから
大きさを決定していたのですが、今回は強力な助っ人が登場です。

昨年9月の箱根ミーティングで鉄橋のモジュール製作を宣言し
その時にそれとなくデータ作成をお願いしたのですが
暫くしてその方からメールで測量データがガンガン送られてきました。

そのときに送られてきたデータの一部をご紹介します。
f0139576_22371980.jpg

f0139576_22373055.jpg
って、ボケボケの写真で細部がほとんど見えませんね。
お借りしているデータなので、わざとボカしてあります。
実際は詳細なデータで寸法まで記載してあります。
明日からはこのデータを参考にして図面引きです。

あっ、助っ人が誰なのか書いていませんでしたね。
このブログを読んでいる人なら、すぐに分かると思いますが
その人とは勿論やま電チームの測量担当(?)のだいちんさんです。
だいちんさんに感謝です m(_ _)m
[PR]
by tanaka_ace | 2011-02-06 22:43 | 出山鉄橋モジュール
出山の鉄橋前の吊り橋[孝三九橋]の製作4
鉄橋の基本は出来ましたので
細かいディテールを追加していきます。

f0139576_051157.jpg
実物写真です。
街灯と両サイドの鉄骨の上にある鉄パイプ製の柵を作ります。



f0139576_052246.jpg
吊り橋上に街灯を設置しました。
製作法は真鍮パイプとプラ材の組み合わせです。
少々大味な作りですが
150分の1というサイズを考えるとこんなものかなと・・・



f0139576_053590.jpg
ワイヤーを支える門にも街灯があるので設置しました。



f0139576_055728.jpg
街灯のライト部分にはビーズから削り出した
上の写真のパーツをガラスに見立てて最後に接着します。



f0139576_061076.jpg
両サイドの柵です。
0.5mmの真鍮線を鉄道模型車両等の
屋根上配管を固定する割ピンで固定しました。
宙に浮いている真鍮線が良い感じです。



f0139576_06232.jpg
最後に凧糸をワイヤーに見立てて完成です。
凧糸は塗装後に固定するつもりなので、まだ仮置きです。

最終的には0.3mmくらいの金属線で
ワイヤーから伸びる垂直な線も再現するつりですが
このままでも十分雰囲気があるので省略してしまうかもしれません。



f0139576_064817.jpg
吊り橋の基部からはリード線が出ています。
もちろん街灯はチップLEDで点灯可能です。



f0139576_071058.jpg
最後に国道脇から吊り橋を眺めた感じですかね。
現在は手前にバリケードがあって通行不可能です(泣)
なんとか通行を再開して欲しいものです。
[PR]
by tanaka_ace | 2011-02-03 00:07 | 出山鉄橋モジュール