箱根登山鉄道風のレイアウト製作日記です
by tanaka_ace
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
more...
リンク
カテゴリ
全体
レイアウト製作
出山鉄橋モジュール
車両製作
鉄道模型車両
鉄道模型動画
鉄道模型全般
模型店探訪
旅行
雑記
本日の作業
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:旅行( 7 )
やま電分科会ミーティングin箱根
うみ電☆やま電の中の、やま電メンバーによる
やま電分科会新年会&JAMに向けてのミーティングが
箱根で23日から一泊の予定で行われましたので参加してきました。

f0139576_21552996.jpg
9時30分にロマンスカーで箱根湯本に到着しました。
当日は好天に恵まれ、この時期の箱根にしては
気温も高めで絶好の箱根散策日和になりました。

到着後、駅前のルノアールでお茶していると
りょうさん、続いてだいちんさんから連絡があり
無事にやま電メンバーが箱根に集結しました。



早速、乗り鉄・撮り鉄・現地取材です。
f0139576_2155489.jpg
私以外の二人は、モジュール用の取材・測量に熱中しています。
私はといえば、自分の担当の鉄橋の資料集めは
殆ど終わっているので、まったりと箱根を満喫しました。

なんだかんだと小涌谷以外の全駅を制覇し
夕方になって冷え込んできたので早めに下山、宿にチェックインしました。
その後は温泉を堪能し、美味しい料理を肴に宴会。

肝心のJAM用のモジュール製作のためのミーティングが
チエックアウト前の小一時間程度しか行われなかったのは内緒です(^^;



f0139576_2156682.jpg
チエックアウト後に、宿の前で三人揃って記念撮影。
再会を約束してロマンスカーで箱根をあとにしました。
[PR]
by tanaka_ace | 2011-01-24 21:57 | 旅行 | Comments(8)
出山鉄橋ロケハン
今日は天気も良かったので
出山鉄橋モジュールのためのロケハンに行ってきました。

のんびり昼頃に着くように行って
早めに帰ってこようかとも思ったのですが
結局ロマンスカーの始発で出発、一日滞在しました (^_^;

箱根湯本到着後、定番の駅前の
ルノアールでお茶して一日の計画を立てます。

計画を色々と考えたのですが
結局一番最初は塔ノ沢に来ちゃいました。
f0139576_23321077.jpg
塔ノ沢に来ると必ず撮影する定番のアングル。
何回来てもやっぱり最高です。
塔ノ沢のすべてが愛おしいです ♪



f0139576_23325149.jpg
強羅側の旧坑口には妙なゼリー状の物質が付着しています。
これですらも愛おしいです(笑)


塔ノ沢に少々滞在したあと
今回のロケハンの目的地、出山鉄橋に向かいます。
夏の暑い時期には移動手段を迷いますが
今回は少々肌寒いくらいの陽気なので迷わず徒歩で向かいました。

国道1号は車がビュンビュン走っているので怖いです。
移動中に国道側によろけたら死ぬ可能性もあります。
特に大型バスなんかとすれ違う時は怖いので
一時停止して身をかがめてバスをやり過ごします。

まあ、なんだかんだ言っても無事に到着し
150枚くらい写真を撮ってきました。
今回のモジュールも結局こだわって作っちゃうんでしょうね。
来年のJAMまでに完成するんでしょうか?

その後、強羅まで登って軽い昼食。
昼食後、お決まりの始発から終点まで通しての乗り鉄。

湯本に着いたのが1時過ぎ
もう一回登ろうかとも考えたのですが
今回は趣向を変えて今まで行った事のない場所に行きました。



今回の新スポット・・・
f0139576_23331358.jpg
入生田検車区に到着。
車庫には氷河塗色がいました。



そして待避線には・・・
f0139576_2333518.jpg
金太郎塗装が停車中。
こんなに間近で撮影出来ました。



f0139576_2335667.jpg
連結器のアップ。
かなりマニアックな写真。



検車区の周囲を散策・・・
f0139576_23352611.jpg
廃棄された撒水タンク発見。
またまたマニアックな写真 (^_^;



湯本に戻ると3時チョイ前。
箱根カフェでお茶の時間・・・
f0139576_23355373.jpg
りょうさんのミニジオラマを眺めながら、しばし休憩。



f0139576_23361011.jpg

f0139576_23362023.jpg
もちろん他の2点も健在。


お茶のあとは塔ノ沢駅に戻って
やま電メンバー定番の塔ノ沢での「まったりタイム」



f0139576_23364184.jpg
そろそろ帰ろうかと思っていたら
グッドタイミングで唯一の吊り掛け103-107の登場。
本日一回きりの旧型車との旅は一駅で終了。


湯本でビールとおつまみを買ってほろ酔い気分で帰宅しました。


モチベーションも一段とあがったので
また明日から製作頑張ります。
[PR]
by tanaka_ace | 2010-11-03 23:38 | 旅行 | Comments(4)
箱根取材旅行
昨日の更新に書いた通り箱根に取材旅行に行ってきました。

まずはお決まりの新塗装車の写真です。
f0139576_23362930.jpg

f0139576_23364612.jpg

モハ1形108号車の金太郎塗装と2000形の氷河特急塗装です。
新塗装といっても金太郎塗装はもう一年くらい経ちますね。



f0139576_23371261.jpg

いつも同じ所に行っていてもつまらないので
今回は彫刻の森美術〜強羅間にある
地獄沢橋梁(正式名称ではない?)にも行ってみました。


そのあとは、定番コースをまわり
次回作、次々回作?のための資料写真をたくさん撮ってきました。



最後に気になったことを一つ・・・
f0139576_23373666.jpg

箱根湯本の登山線の脇に線路が敷かれていました。
これはいったい何になるんでしょうか。


今日は8月にしては気温も低く絶好の取材日和でしたが
塔ノ沢構内の枕木に防腐処理をしたせいか
塔ノ沢駅全体がコールタール臭くて閉口しました。
[PR]
by tanaka_ace | 2009-08-27 23:39 | 旅行 | Comments(4)
あじさい電車
1/150スケールの着色されていない箱根ばかり見ていたら
無性に実物の箱根を見に行きたくなってしまいました。
夏休みに行こうかとも思ったのですが
去年8月の終わり頃に行ってあまりの暑さに閉口したので
紫陽花の時期でもあり仕事も連休だったので思い切って行って来ました♪
(結果的には今回もかなり暑かったです)

f0139576_1645696.jpg

箱根登山鉄道全線で写真のように紫陽花が満開で本当に綺麗でした。

今回は朝一番のロマンスカーで行ったので
時間も余裕があり色々な電車に乗ることが出来ました。

f0139576_1652151.jpg

箱根登山鉄道で唯一の吊掛け駆動(モニ1形も
吊掛けですが乗車出来ないので)となった103-107編成です。
これもいつカルダン化されるか分からないので強羅から
箱根湯本まで40分間吊掛けサウンドを楽しみながら乗車してきました。

f0139576_1672498.jpg

上の写真は旧塗装に塗り替えられたベルニナ号です。
こちらは乗車出来ず写真撮影だけです。
以前のものと比べると扉がステンレスのままなんですね。
このバージョンもトミックスから発売してくれないですかね〜
ついでに新塗装と旧塗装のベルニナ号も再生産してくれると良いのですが。

f0139576_1674759.jpg

続いてはモハ2形青塗装です。
この電車、赤系統の塗装の登山電車の中で
唯一違う系統の塗装で目立つせいか好きなんですよね。
こちらは宮ノ下から大平台までの一区間ですが
念願かなって乗車することが出来ました。

最後に気になったことを幾つか・・・
f0139576_1681242.jpg

出山信号場の突き当たり部分の写真です。
工事用の重機の脇にある階段上のステップからすると
奥に向かって延長工事を行っているようです。

繁忙期の慢性的な混雑を緩和するためには運行本数を増やすか一本あたりの車両数を増やすしか無いわけですが運行本数は車両交換出来る場所が決まっているので増やすのは無理として、もしかして一本あたり4両編成化・・・ 考えすぎですね、出山信号場以外の駅も拡張しなければなりませんから。

f0139576_1683915.jpg

出山の鉄橋前の吊り橋です。
暑い中わざわざ行ったのにバリケードで封鎖されていました(泣)

ネットで検索してみたら吊り橋の奥にある旅館が
廃業だか改装をしているとかで封鎖されているなんて記事がのっていました。
気になったのは封鎖の理由とか期限とかの張り紙が無かったことです。
この吊り橋も相当老朽化しているみたいなので
このまま取り壊しなんてことにならないと良いのですが・・・
[PR]
by tanaka_ace | 2008-07-05 23:59 | 旅行 | Comments(12)
箱根取材旅行 その2
箱根取材旅行 その1
からの続き

f0139576_2225728.jpg

強羅駅の駅舎にあるサンモリッツというパン屋で
パンとアイスコーヒーを買って駅前の花壇で遅めの昼食です。

その後、宮ノ下に向かい30Rの鉄橋を撮影に行きました。

f0139576_2233244.jpg

撮影できたのが上の写真です。
ネットで見つけた写真では鉄橋がもっとハッキリ写っていたのですが
季節的(今回撮影に行ったのが夏だから木が繁っている)なものか
年代的(ネット上の写真が昔に撮られたものでまだ木が繁っていない)
なものかはわかりませんが鉄橋がほとんど木に隠れてしまっています。
撮影ポイントを工夫すればもう少しいい写真が撮れるのかもしれませんが
なにしろ国道1号の脇で撮影するので
後ろを車がビュンビュン猛スピードで飛ばしていきます。
撮影に熱中しすぎて少し後ろにさがったほうがいい写真が撮れるかなと
さがった瞬間、車にひかれたなんてことになったらしゃれにならないので
2・3枚撮影してそそくさと引き返しました。
これはなにも撮影の時だけでなく、現場まで徒歩で行く際にもいえます。
出山の鉄橋に行くときもそうだったのですが国道1号を
徒歩で歩くのはおすすめできません。
脇を車が猛スピードで走る中、人ひとりが歩けるくらいの側溝の上を
15分くらい歩くのですからものすごく危険です。
バスを利用した方がいいでしょう。
それでも歩くという人はくれぐれも気をつけて自己責任で(笑)。

f0139576_2242079.jpg

そして最後の目的地の大平台へ移動して構内や駅舎を撮影しました。
ここでも電車の入線を3・4本見たのですが旧型はさきほどの編成でした。

一応、今回の目的地はすべて撮影できたので帰途につこうと
思ったのですがまだ時間に余裕があったで最後にもう1回
塔ノ沢に下車してしばらく散策したあと箱根湯本に戻りました。

箱根湯本に戻ると最後に大きなサプライズがありました。

f0139576_2245464.jpg

箱根湯本のホームに入線して下車するとなんと隣のホームに
モハ2形の108号青塗装とモハ1形の104・106号が
待機しているではありませんか。
この編成に乗ってまた強羅まで行きたい衝動にかられましたが
往復で1時間30分くらいかかるのでさすがにあきらめました。

小田急線も人身事故の影響もなくなっているようで普通に運行していました。
急行で帰ろうと思い切符を買ったのですが
1日中歩き回って疲れていたのと17時31分発のロマンスカーに
空席があるとのことだったのでロマンスカーで帰ることにしました。

発車まで40分ほど時間があったので駅前をブラブラしていると
さきほどの旧型青塗装が出発していきました。
早川のほとりなどを散策していると出発時刻が近づいてきました。

駅構内のおみやげ屋でビールと柿ピーを買いこんで
一杯飲みながらほろ酔いかげんで帰途につきました。

f0139576_2252454.jpg

[PR]
by tanaka_ace | 2007-08-26 22:08 | 旅行 | Comments(0)
箱根取材旅行 その1
予定どおり箱根に日帰りで撮影に行って来ました。

朝4時起床、5時に自宅を出発して始発の次の電車
(平日なので始発は意外と混んでいる)で新宿に向かいました。
我ながら5時出発とは気合いがはいっていますね。(苦笑)
しかし、後述しますがこれが後々吉とでることになりました。

新宿から小田急に乗るのですが箱根湯本に最短で到着するには
何本か待ってでも箱根湯本行きに乗った方がいいとは思うのですが
急ぐ旅でもないのでホームに到着していた急行に乗りました。

案の定、途中止まりの急行だったので
何本か乗り次いで小田原に到着したのが8時30分頃でした。
各駅停車の箱根湯本行きに乗らなくてはなりませんがそれは
ロマンスカーを1本はさんで15分後に到着予定でした。
200円払うと次のロマンスカーの空席に座って箱根湯本まで
行けると放送していますが各駅停車を待つことにしました。
時間があるので小田原駅の構内をブラブラしていると
8時17分に相武台前駅で人身事故が発生したと構内放送しています。
末端の小田原のほうにも影響が出はじめているようで
モタモタしていると電車が動かなくなって
箱根湯本までタクシーでいくハメになってしまいます。
せっかく特急料金870円を節約して急行を乗り継いできたのに
すべての努力が水の泡になってしまいます。
さきほど放送していた200円の券を即、購入してロマンスカーに乗りました。

先ほど出発時刻が吉とでたと書きましたが
ノンビリ行こうなどと考えて出発時刻を遅らせていたら
間違いなく人身事故の影響に巻き込まれていたと思います。

とにかくなんとか無事に箱根湯本に到着しました。
まず、朝4時起きなので腹がへったので箱根湯本駅前のルノアールで
モーニングセットとアイスコーヒーで腹ごしらえしました。

駅に戻り、いよいよ登山電車との対面です。
旧型のモハ1形・モハ2形に乗りたかったのですが
構内に待機していたのは新型のほうでした。
気をとりなおしさっそく乗りこみ、まず塔ノ沢に向かいました。

あらかじめネット等で写真を見てだいたいの雰囲気は
わかっていたのですが実際に来てみると雰囲気というか空気間というか
言葉ではうまくあらわせませんが現場でだけわかることってありますね。
百聞は一見にしかずというところでしょうか。

塔ノ沢では1時間ほど写真を撮りまくりました。
本当に箱庭的でレイアウト向きの駅という感じがしました。

f0139576_1713821.jpg

f0139576_17132788.jpg

駅に滞在している間に3回ほど車輌交換がありました。
そのうちの1回で旧型の登山電車が強羅方面から入線してきました。
モハ2形の109号とモハ1形の103・107号です。
箱根湯本で折り返してまた来ると思ったので待つことにしました。
思ったとおり湯本方面から再度やってきました。
それを撮影してから出山の鉄橋に向かいました。

国道1号を15分くらい歩くと
出山の鉄橋を撮影できる吊り橋が見えてきました。

f0139576_17193743.jpg

f0139576_1720721.jpg

鉄橋を撮影していると後ろからモーター音が聞こえるので
振り返ってみると登山電車が停車しています。
地図で出山の鉄橋と信号所の位置はわかっていたのですが
まさか吊り橋から信号所の電車も見えるとは思いませんでした。
やはり現地に来てみないとわからないことがあるもんですね。

出山の鉄橋でも3本くらい電車が通過するのを撮影していたのですが
1輌珍しい車輌が通過するのを見ました。
保線用車輌のモニ1形です。
ただ残念なのは強羅方面の電車が鉄橋を通過し信号所で停車していたので
しばらくは鉄橋には電車がこないだろうと油断して
カメラをバッグにしまっていたので撮影できなかったことです。
痛恨のミスでした。

その後塔ノ沢まで戻り大平台に移動しようと思ったのですが
箱根湯本から強羅まで通して体験してみようと思い
一旦、箱根湯本まで戻りました。

どうせ乗るなら旧型に乗ってみようと思い待つことにしました。
結局、2本やり過ごして3本目にやっと旧型が到着しました。
さきほど塔ノ沢で遭った109・107・103号の編成です。

今日1日あちこちで登山電車を撮影していて気づいたのですが
箱根湯本・塔ノ沢・出山の鉄橋・大平台・宮ノ下・強羅、どの場所でも
旧型車を見かけたのですがすべて109・107・103号の編成でした。
平日は旧型車は1編成しか走らないんでしょうか。
まあ、これも最後の最後にサプライズがあったのですが。

とにかく念願のモハ1形・モハ2形に乗れることになりました。
先頭車両の1番前の左側の座席を陣取って強羅まで行くことにします。
冷房が無いのでものすごく暑いです。
観光目当ての客は「暑い暑い」と騒いでいますが
こちらは2本やり過ごしてわざわざ冷房のない旧型車を
選んだのですから文句は言いません(笑)。

箱根湯本を出発するといきなり80パーミルの勾配です。
そして、さっきまで現場にいた塔ノ沢・出山の鉄橋をとおり
3回のスイッチバック、車輪を軋ませて走る半径30mの急カーブと
見どころたくさんで強羅までの40分間があっというまでした。

箱根取材旅行 その2
に続く・・・
[PR]
by tanaka_ace | 2007-08-25 17:22 | 旅行 | Comments(0)
箱根取材旅行の計画
8月24・25・26・27日の4日間夏休みがとれました。

お盆からは大分、ずれていますがこれには訳があります。
うちの会社は、会社自体は休まずに社員が交代で夏休みをとります。
必然的にお盆付近に希望が集中します。
みんないっしょに休んでしまうと仕事に支障をきたすので
なるべくずらして休まなければなりません。
お盆付近は暑いだろうということもあって2週間あとにしました。

この夏休みを利用してレイアウト製作の参考にするために
箱根に取材旅行に行ってきたいと思います。
旅行といってもあくまで取材なので日帰りです。
ロマンスカーも使わず普通の急行で行きます。
もちろん温泉にもはいりません。
(食事くらいはおいしいものを食べてくるかもしれません)
箱根登山鉄道だけを集中的に取材してきたいと思います。

日付は、観光客のなるべく少なそうな24日がいいかなと考えています。
本当は週末ではない27日の月曜日が
いちばんすいていると思うのですが、もし雨に降られると最悪なので
余裕をもって初日の24日に行こうと思います。
これなら、もし雨に降られてもまだのこり3日あるので
そのうちのどれかは晴れるでしょう。

取材してくるポイントをあげておきます。
(必然的に箱庭登山鉄道で再現したい風景ということになります)

1・まず塔ノ沢で下車して駅の近辺を撮影
2・出山の鉄橋まで徒歩で移動して撮影
3・出山の信号所は降りることができないので電車の中から撮影
4・大平台駅は当レイアウトには再現しないのですがスイッチバックを
  唯一電車の外から見られる場所なので下車して撮影
5・宮ノ下で下車して徒歩で移動して30Rの鉄橋を撮影
6・なるべく旧型(モハ1形・モハ2形)の車輌に乗る

以上6点くらいですかね。
これとて当日の気温との兼ね合いですべて達成できるかわかりませんが。

まあとにかく登山電車の雰囲気を感じてきたいと思います。
[PR]
by tanaka_ace | 2007-08-17 22:50 | 旅行 | Comments(0)