箱根登山鉄道風のレイアウト製作日記です
by tanaka_ace
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
more...
リンク
カテゴリ
全体
レイアウト製作
出山鉄橋モジュール
車両製作
鉄道模型車両
鉄道模型動画
鉄道模型全般
模型店探訪
旅行
雑記
本日の作業
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:鉄道模型全般( 2 )
プログラムコントローラー
今日は怒濤の連続更新です(^_^)v

しばらく前になりますが、このレイアウトの製作のきっかけになった
函音登山鉄道の製作者のりょうさんと電話でお話しする機会がありました。

その時に、発表前だったプログラムコントローラー
概要を色々と聞いて魅了されてしまい即購入を決意しました。
このコントローラー3列車運転が出来るという優れものです。



実は当レイアウトの現システムでも手動ながら4列車運転が出来ます。
これが線路の敷設終了時に撮影した動画です。

スムーズに運転しているように見えますが
これは編集でそう見せているだけで、実際は4列車運転というには
ほど遠く、紙に書いたメモを見ながら必死に操作しています。
運転を楽しむどころではありません(笑)


当初はTOMIXの自動運転の1列車運転でもいいかな〜
なんて思っていたのですがサンプル動画を見ちゃうとダメですね。
やっぱり手放しでの3列車運転というのは魅力的です。

ただ問題がありまして、3列車運転には塔ノ沢駅にもセンサーを
仕込まなければならないのですが、当レイアウトの塔ノ沢駅は
工事が終わっていてセンサーを設置することが出来ません。
この件に関しては、りょうさんが秘密兵器を
開発してくれているようなので、それを待っているところです。

発送は9月ということで、今は首を長くして待っています。
手元に届いたら動画なんかも撮りたいな〜と思っています。
[PR]
by tanaka_ace | 2009-07-24 23:25 | 鉄道模型全般
鉄道模型との出会い
鉄道模型と出会ったのは小学生の高学年か中学生の頃だったと思います。
お小遣いで、トミックスの基本セットにポイントなどを追加購入して
お座敷運転を楽しんでいたように思います。
車輌の方はというと長編成のものよりは
ローカル線に似合うような車輌を集めて走行させていました。
次第にレイアウトを作りたくなりストラクチャーやターンテーブルなどを
購入しましたが、当時(20年以上前)はレイアウト製作の材料なども
今ほど揃ってなかったので中学生には敷居が高く
構想するだけで製作にはなかなか踏みきれずにいました。
そして高校、社会人と成長するに従って興味もなくなっていきました。
ただ興味がまったくなくなったわけではなく
鉄道模型の雑誌などは書店で毎月立ち読みしたりしていました。

次に鉄道模型熱が再燃したのが
10何年かたった今から7・8年前だったと思います。
誌名は忘れましたが鉄道模型の雑誌に
温泉街のセクションレイアウトが掲載されました。
そのレイアウトは300mm×600mmのサイズなのですが
高さが400mmくらいあり、
いかにも山間部の温泉街という雰囲気がでていました。
そのレイアウトを参考に
製作してみようと思いプランをいくつか検討してみました。
材料は実家の母が中学生の頃集めたものを押入の奥にしまい込んでいたので
それを自宅に持ち帰り実際に配置したりしていろいろ検討してみました。
しかし所詮はセクションレイアウト。
車輌を走らせることができません。プランを練るうちにだんだんと
製作意欲が低下していき構想だけに終わりました。

そして今年の2月からNHK教育で
趣味悠々「ようこそ!鉄道模型の世界へ」が放送されました。
他の方のブログなんかを読んでいると
この番組で鉄道模型熱が再燃した方も多いみたいですね。
私はというと、いきなり再燃したわけではなく
最初のうちはプラモデルの製作中に
ラジオのかわり(音がないと集中できないタイプ)として
テレビをつけていただけでした。
しかし番組中でレイアウトの製作がすすむにつれ
プラモデル製作そっちのけで番組にみいっていました。
次第にレイアウトを製作してみたくなり
何年か前に計画したセクションレイアウトを作ってみようかと思い始めました。
サイズは300mm×300mmくらいで
渓谷の温泉宿とローカル線のレイアウト(ジオラマ)にしようと思い
紙にイメージイラストを描いたり
インターネットでいろいろ調べたりしていました。

そして運命の出会いがやってきました。

たまたま辿りついたサイトが箱根登山鉄道のホームページでした。
箱根登山鉄道についてはスイッチバックや
山の中を走る電車くらいのことしか知りませんでした。
インターネットでいろいろ調べていくうちに
箱根登山鉄道の魅力の虜になってしまいました。
レイアウトの計画は300mm×300mmのセクションレイアウトから
いっきに900mm×600mmの本格的なレイアウトに変更になってしまいました。
といっても900mm×600mmというのは
レイアウトとしては大きい方ではなく
箱庭のようなレイアウトなので

箱「庭」登山鉄道

というタイトルで製作していきたいと思います。
[PR]
by tanaka_ace | 2007-07-11 22:30 | 鉄道模型全般