箱根登山鉄道風のレイアウト製作日記です
by tanaka_ace
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
more...
リンク
カテゴリ
全体
レイアウト製作
出山鉄橋モジュール
車両製作
鉄道模型車両
鉄道模型動画
鉄道模型全般
模型店探訪
旅行
雑記
本日の作業
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


路線図
箱庭登山鉄道の路線図です。
f0139576_20141284.jpg

巷にはレイアウトをシミュレーションするソフト等もあるようですが
900mm×600mmのサイズのレイアウトでは
そこまで厳密に設計する必要もないと思ったので使用していません。
ただレールをいちから揃えるので必要最小限のレール
(収納場所等を考慮するとレイアウト製作はこれが最初で最後なので
無駄をだしたくなかった)だけ買いたかったので
商売道具であるAdobe Illustratorでおおまかに設計してみました。
使用するのはTOMIXのファイントラックです。
一部、色がうすくなっているところに
KATOのフレキシブルレールを使っています。
勾配は6%です。
標高のいちばん高い部分がレイアウトボードから25cmくらいになります。
登山鉄道っぽくていいと思います。

このレイアウトで再現したい風景ですが欲張ればきりがないので
前回の更新時にかいた4つにしぼりたいと思います。
1 スイッチバックの再現
2 出山の鉄橋の再現
3 塔ノ沢駅の再現 
4 仙人台信号所近辺の急カーブの鉄橋の再現
以上の4つです

路線図の右下が標高のいちばん低いところです。
左回りにまわって複線になった箇所が「塔ノ沢駅」になります。
さらに進んでフレキのあたりが「急カーブの鉄橋」です。
その下には川が流れる予定です。
そこから半周して「スイッチバック」があります。
「スイッチバック」を出発すると
山肌に沿って8の字に標高をあげていきます。
そして左上フレキのあたり「急カーブの鉄橋」の真上が
「出山の鉄橋」になります。

実際とは地形のつながりが違いますが
模型ということで割り切りたいと思っています。
[PR]
by tanaka_ace | 2007-07-17 23:26 | レイアウト製作 | Comments(0)
<< 着工しました 箱庭登山鉄道の概要 >>