箱根登山鉄道風のレイアウト製作日記です
by tanaka_ace
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
more...
リンク
カテゴリ
全体
レイアウト製作
出山鉄橋モジュール
車両製作
鉄道模型車両
鉄道模型動画
鉄道模型全般
模型店探訪
旅行
雑記
本日の作業
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


吊り橋[孝三九橋]のワイヤー張り
出山の鉄橋前に架かっている橋は吊り橋ですので
もちろんワイヤーで橋を吊っています。
作る側からしてみればワイヤーなんてない普通の橋の方が楽なのですが
実際にあるものは仕方ないので再現する事にします。

f0139576_22201217.jpg

実物の吊り橋の写真です。
橋の両端から伸びて懸垂曲線を描くメインワイヤーと
メインワイヤーと吊り橋を結ぶ縦ワイヤーで構成されています。



f0139576_2221257.jpg

この写真は塗装前の吊り橋の写真です。
この当時はメインワイヤーを凧糸で表現し
縦ワイヤーは「心の目」で想像して見てもらう
という少々乱暴な仕様でした(笑)

しかし、いくら何でもこの仕様はないだろう
ということで縦ワイヤーも再現する事にしました。



という事でまず材料の選定ですが・・・
f0139576_22205428.jpg

地元の駅ビルの手芸コーナーでこんなものを購入してきました。

黒い方は通常の木綿糸よりも若干太めの糸で
これはメインワイヤーを作るのに使用します。
縦ワイヤーは緑の方の細い絹糸で作るつもりです。



f0139576_22211177.jpg

f0139576_2221228.jpg

f0139576_22213292.jpg

完成しました。
と簡単に書いていますが実際はかなり悪戦苦闘しました。

吊り橋本体は作業手順の関係から
ジオラマに固定され宙に浮いていますし
吊り橋の中間には引っ掛けやすい照明もあります。

肘をついて作業出来ると楽なのですがそれも無理ですので
腕をプルプルさせながらなんとかワイヤーを張り終えました。



f0139576_2222150.jpg

ワイヤーを固定するコンクリート製の土台を接着しました。
これでこのジオラマで唯一
スタイロフォームが剥き出しの部分が無くなりました。



f0139576_22221963.jpg

緑化して周囲と馴染ませました。



f0139576_22223593.jpg

国道と反対側の土台も同様に緑化しました。
[PR]
by tanaka_ace | 2012-12-22 22:27 | 出山鉄橋モジュール | Comments(8)
Commented by 仙石案内所 at 2012-12-23 16:33 x
すばらしいです!
一気に橋の重量感が、伝わってきました。
架線や、送電線などでよく糸を使いますがどうもしっくり来ないものが多いです。
釣り橋のワイヤーがここまでマッチするとは、お見事です。
Commented by tanaka_ace at 2012-12-24 14:28
仙石案内所さん、こんにちは。
実物の吊り橋はワイヤーで橋を吊っていますので
本来はワイヤーがたるみのない状態で
ピンッと張っていなければならないのですが
これが150分の1の模型だとなかなか難しいですね。
若干ワイヤーの張りが甘い箇所もあるのですが
まあ許容範囲かなと自分に言い聞かせています。
Commented by だいちん at 2012-12-28 01:07 x
やりましたねー!!
中学の頃の夏休みの工作で簡単な吊橋模型を作ってみた事があったので、
その難しさわかります♪
それを完成させたんですから、さぞかし年末のお休みはビールが進む・・!?
Commented by eno-z at 2012-12-29 01:50
時すでに遅し。ですが、モデルカステンのメタルリギングはいかがでしょうか。
http://www.modelkasten.com/modelkasten/h/index.html

金属線ですが、しなやかで巻グセがほとんどなく使いやすいです。
もう少し太い線があれば、もっと良いのですが。せめて0.2mm位まで欲しい所ですかね。

使ってみたいようでしたら、持ってますので送りますよ。
Commented by tanaka_ace at 2012-12-29 21:27
だいちんさん、こんばんは。

ワイヤーまで張って完成させてから
ジオラマに組み込めると楽だったんですが
全てのストラクチャーが自然の中に溶け込んで
自然と一体化している箱根ではそれも難しいですよね。
まあそれが箱根登山鉄道の魅力でもあるんですが・・・。

今日から正月休みなので
今夜はジオラマを眺めながらビールを飲むとします(^^;
Commented by tanaka_ace at 2012-12-29 21:36
江ノ字さん、こんばんは。

これは艦船模型とかのワイヤー張りに使う材料のようですね。
メインワイヤーには細すぎて使えそうにありませんが
一番細い商品が縦ワイヤーには使えそうでしたね。

まあ何れにしろ、どんなに良い材料があっても
肘を宙に浮かせての作業では完璧な物は作れそうにありませんね(笑)
Commented by JR浜松 at 2012-12-30 21:40 x
こんばんは。

おお!!
いつもながら見応えのある制作記ですね☆
実物の太さにするとこんなにも細い材料を使わないいけないのですね(汗)
Commented by tanaka_ace at 2012-12-31 23:37
JR浜松さん、こんばんは。
10cmのワイヤーでも1/150にすると0.66mmですから
Nゲージがいかに小さいかという事を実感できますよね。
メインワイヤーはともかくとして
縦ワイヤーはこれでも少し太いかなとっいた気がします。
<< 緑化作業6 緑化作業5 >>